2011年10月24日

就学フェスタ!2011 @らいとぴあ

らいとぴあで12月に開催するイベントのお知らせです。

就学フェス表.bmp

就学フェス裏.bmp
・・・・・・・・・・・・・・

就学フェスタ!2011
〜さがそう進路、えらぼう未来〜

大学全入時代と言われている昨今、誰もが通る道として、高校・大学は位置づけられようとしています。
しかし、そんな中でも“就学困難者”である障害者や1人親家庭の子どもは進学において平等な機会を得られていません。
「バリアフリーの情報が分からない」「奨学金の情報を知らないので、進学させられない」「進学後・卒業後の生活のイメージができない」など、様々な障壁があり、障害者や1人親家庭の子どもの進学率は全体と比べてかなり低くなっています。

このような背景から、高校・大学進学に対して平等にチャレンジできるように、様々な情報を提供するイベントを開催します。当事者の大学生による講演、高校・大学ブースの出展、先輩当事者の話が聞けるカフェなどがあります。誰でも自由に進路をさがし、未来をえらんでほしい、という想いから、本イベントを実施します。

障害者の学生や保護者様、1人親家庭の学生や保護者様、社会福祉に関わる社会人や大学生の方など、ぜひお越しください!


開催日時:2011年12月10日(土)13:00〜17:00

開催場所:らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)

企画概要
○当事者大学生の講演
株式会社ミライロの垣内、1人親家庭支援NPOあっとすくーるの渡による講演。
当事者として就学の困難をどう乗り越えたのかをお話します。

○高校・大学の進学ブース
支援体制や取り組みを各学校に紹介していただきます。
大阪北摂の特色のある学校を中心に出展します。

○ミライロ・あっとすくーるブース
当事者の視点から、リアリティーのある相談を行います。
入学前後の生活や、どれくらいお金がかかるのかなど、経験からお話します。

○先輩ママ・パパに聞く交流サロン
先輩当事者の方々にお越しいただき、いろいろなお話を聞ける場をつくります。
同じ悩みをもっている方とのつながりをもつこともできます。


参加費無料

福祉車両送迎あり(箕面駅・千里中央駅)
※完全予約制です。申込〆切11/30

一時保育、手話通訳、要約筆記、点字資料あり
※一時保育、点字資料は要申込。申込〆切11/22

問い合わせ先
TEL:072-722-7400(らいとぴあ21)
Email:info@raipi.org
BLOG:http://shugakufes2011.blog.fc2.com/

アクセス
地下鉄御堂筋線「千里中央駅」または阪急「箕面駅」から、阪急バス「萱野三平前」下車(徒歩3分)。または阪急バス「かやの中央」で下車(徒歩10分)

主催:特定非営利活動法人 暮らしづくりネットワーク北芝
共催:株式会社ミライロ、1人親家庭支援NPOあっとすくーる
後援:箕面市、箕面市教育委員会、大阪府教育委員会(申請中)
posted by raipiseminar at 12:44| こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

11月18日(金)「こどもに伝える部落問題」



10月7日のセミナー第1弾、こどもに性をどう伝えるかをテーマにしたセミナーは、
約90名の方にご参加いただき、盛況の内に無事終えることができました。

企画スタッフも、いろいろ試行錯誤しながらの毎日です。
まだまだ至らないところなどたくさんありますが、
日々精進がんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
さて、引き続き、今年もセミナー企画は勢いよく進んでいきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ知っトコ!《らいとぴあ21連続セミナー企画》
〜何か気になる世間のトピック、集めてみました〜

 第2弾!『こどもに伝える部落問題!』

日時:11月18日(金) 18:30〜20:30
場所;らいとぴあ21 3F視聴覚室
参加費:無料
講師;星野勇悟さん(「部落問題学習ネタつくろう会」代表)
一時保育:あり:〆切は一週間前まで

部落チラシ表.bmp

部落チラシ裏.bmp

PDF⇒こどもに伝える部落問題チラシ.pdf


「部落って何?」「今も差別はあるの?」「部落やったら差別されるの?」

もし、身近なこどもにこう聞かれたら、保護者や教師として、周りの大人としてどう伝えたらいいの? 何を伝えるべきなの?

その子がもし当事者だったら、中途半端に伝えたら傷つけてしまう?
まだ小さいから、、、どこまで伝えたらいい? 理解できる?

よくあるこんな質問場面。
でも、思えばじっくり考えたこと、なかったかもしれない。

なんとかその場をしのいでいた、そこのあなた。
ま、その時のアドリブでなんとかなるさ。と思っている、そちらのあなた。

金曜の夜2時間だけ、一緒に考えてみませんか?「こどもに伝える部落問題」


・・・以下PR文・・・・

人権問題で大切なのはマニュアルを探すことではなく、当事者性をもって、自分ごとととらえながら、なおかつプラスのメッセージを伝えられることが重要。

「これだけは伝えたい!」
セミナーの終わりには、そんな気持ちが持てるような時間をと考えています。
講師には、教師でもあり、保護者としても子どもに部落問題伝えてきた、「部落問題学習のネタをつくろう会」代表の星野勇悟さんをお迎えします。
posted by raipiseminar at 11:43| セミナー企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。