2011年10月15日

11月18日(金)「こどもに伝える部落問題」



10月7日のセミナー第1弾、こどもに性をどう伝えるかをテーマにしたセミナーは、
約90名の方にご参加いただき、盛況の内に無事終えることができました。

企画スタッフも、いろいろ試行錯誤しながらの毎日です。
まだまだ至らないところなどたくさんありますが、
日々精進がんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
さて、引き続き、今年もセミナー企画は勢いよく進んでいきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ知っトコ!《らいとぴあ21連続セミナー企画》
〜何か気になる世間のトピック、集めてみました〜

 第2弾!『こどもに伝える部落問題!』

日時:11月18日(金) 18:30〜20:30
場所;らいとぴあ21 3F視聴覚室
参加費:無料
講師;星野勇悟さん(「部落問題学習ネタつくろう会」代表)
一時保育:あり:〆切は一週間前まで

部落チラシ表.bmp

部落チラシ裏.bmp

PDF⇒こどもに伝える部落問題チラシ.pdf


「部落って何?」「今も差別はあるの?」「部落やったら差別されるの?」

もし、身近なこどもにこう聞かれたら、保護者や教師として、周りの大人としてどう伝えたらいいの? 何を伝えるべきなの?

その子がもし当事者だったら、中途半端に伝えたら傷つけてしまう?
まだ小さいから、、、どこまで伝えたらいい? 理解できる?

よくあるこんな質問場面。
でも、思えばじっくり考えたこと、なかったかもしれない。

なんとかその場をしのいでいた、そこのあなた。
ま、その時のアドリブでなんとかなるさ。と思っている、そちらのあなた。

金曜の夜2時間だけ、一緒に考えてみませんか?「こどもに伝える部落問題」


・・・以下PR文・・・・

人権問題で大切なのはマニュアルを探すことではなく、当事者性をもって、自分ごとととらえながら、なおかつプラスのメッセージを伝えられることが重要。

「これだけは伝えたい!」
セミナーの終わりには、そんな気持ちが持てるような時間をと考えています。
講師には、教師でもあり、保護者としても子どもに部落問題伝えてきた、「部落問題学習のネタをつくろう会」代表の星野勇悟さんをお迎えします。
posted by raipiseminar at 11:43| セミナー企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。