2011年11月23日

らいとぴあ21連続セミナー第3回【こどもの貧困】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

らいとぴあ21連続セミナー
第3回『こどもの貧困にどうかかわる?』

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ちらし表.bmp

ちらし裏.bmp

ちらしPDF→こどもの貧困チラシ.pdf

「こどもの貧困がなぜ増えているのだろう」

親が保険料を納められないために国民健康保険証がない“無保険”の子どもが3万人以上。
公立小学校に通いながら、お金がないために修学旅行に行けないこども。
母子家庭の世帯一人当たり平均収入額は、わずか65万円あまり。

これが先進国、日本の現状です。

今年、こどもの貧困率が15.7%と過去最悪の数値を記録。
この状況、こどもが悪いわけではないのは明確ですが、
果たして家庭だけの問題でしょうか?
「こんな家に生まれてきたくなかった」と思い、将来をあきらめ、
またそのこどもが貧困の連鎖に巻き込まれる。
その状況を変えていくことは、
社会として取り組まなければならないことではないでしょうか。

最大の問題は、そのような貧困状況にある子どもたちは、十分な教育を受けられず、
いい仕事にもつけない、という「貧困の連鎖」「格差社会」が出現していること。

既に、北欧をはじめ、多くの先進国では、親の生活状況にかかわらず、
子どもが貧困にならないための政策を実行し、子どもの貧困を削減するために
日々社会が変化を続けています。

今回は、京都でこどもの貧困に関わる
NPO法人山科醍醐こどものひろばの理事長、幸重忠孝さんをお迎えし、
とりくみのお話を聞くとともに、
これからのわたしたちが何をしていけばよいのか考える場をひらきます。

■開催日時
2011年12月14日(水)
開場 18:30 講演 19:00 〜 21:00

■場所 らいとぴあ21 3F視聴覚室 

■参加費 無料

■講師名 幸重忠孝さん(NPO法人山科醍醐こどものひろば 理事長)

■講師プロフィール
ゆきしげただたか。1973年生まれ岡山県出身。社会福祉士。
滋賀県教育委員会でスクールソーシャルワーカーとして県下の小中学校で
子ども虐待をはじめとする家庭に課題を抱えるケースの支援をしながら、
京都のNPO法人山科醍醐こどものひろばで理事長として
子どもの貧困課題を抱える家庭を地域で支援する取り組みをはじめる。
年間40回近く子どもの虐待を中心に子どもの人権について研修講師活動や講演活動を行う。
滋賀短期大学特任講師。

■一時保育 あり(1週間まえまでに要申し込み)

■問い合わせ:らいとぴあ21(TEL:072−722−7400)
          
■主催:らいとぴあ21

■セミナーの今後の予定(詳細は随時らいとぴあブログなどにUP)
 http://raipiseminar.seesaa.net/

らいとぴあでは昨年から様々な社会課題をテーマにセミナーを企画してきましたが、
今年気になるのは“こども”。
経済的にも政治的にも混迷が続く日本。
社会がしんどくなると、そのしわ寄せはこどもたちとその将来へ大きく影響します。
こども達をめぐる状況はどのようになっているのか。
今年の連続セミナーは、こどもに関する社会トピックを様々なテーマや角度から取り上げます。

   3月     テーマ:家族って何? 〜一人親家庭のこどもたちによる本音トーク〜
  日時未定  テーマ:社会的養護〜児童養護施設で育った若者たちの声〜
  日時未定  テーマ:未来のこと:エネルギー問題を考えよう

  *日程や内容は変更する場合もあります。ご了承ください。
posted by raipiseminar at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

就学フェスタ!2011 @らいとぴあ

らいとぴあで12月に開催するイベントのお知らせです。

就学フェス表.bmp

就学フェス裏.bmp
・・・・・・・・・・・・・・

就学フェスタ!2011
〜さがそう進路、えらぼう未来〜

大学全入時代と言われている昨今、誰もが通る道として、高校・大学は位置づけられようとしています。
しかし、そんな中でも“就学困難者”である障害者や1人親家庭の子どもは進学において平等な機会を得られていません。
「バリアフリーの情報が分からない」「奨学金の情報を知らないので、進学させられない」「進学後・卒業後の生活のイメージができない」など、様々な障壁があり、障害者や1人親家庭の子どもの進学率は全体と比べてかなり低くなっています。

このような背景から、高校・大学進学に対して平等にチャレンジできるように、様々な情報を提供するイベントを開催します。当事者の大学生による講演、高校・大学ブースの出展、先輩当事者の話が聞けるカフェなどがあります。誰でも自由に進路をさがし、未来をえらんでほしい、という想いから、本イベントを実施します。

障害者の学生や保護者様、1人親家庭の学生や保護者様、社会福祉に関わる社会人や大学生の方など、ぜひお越しください!


開催日時:2011年12月10日(土)13:00〜17:00

開催場所:らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)

企画概要
○当事者大学生の講演
株式会社ミライロの垣内、1人親家庭支援NPOあっとすくーるの渡による講演。
当事者として就学の困難をどう乗り越えたのかをお話します。

○高校・大学の進学ブース
支援体制や取り組みを各学校に紹介していただきます。
大阪北摂の特色のある学校を中心に出展します。

○ミライロ・あっとすくーるブース
当事者の視点から、リアリティーのある相談を行います。
入学前後の生活や、どれくらいお金がかかるのかなど、経験からお話します。

○先輩ママ・パパに聞く交流サロン
先輩当事者の方々にお越しいただき、いろいろなお話を聞ける場をつくります。
同じ悩みをもっている方とのつながりをもつこともできます。


参加費無料

福祉車両送迎あり(箕面駅・千里中央駅)
※完全予約制です。申込〆切11/30

一時保育、手話通訳、要約筆記、点字資料あり
※一時保育、点字資料は要申込。申込〆切11/22

問い合わせ先
TEL:072-722-7400(らいとぴあ21)
Email:info@raipi.org
BLOG:http://shugakufes2011.blog.fc2.com/

アクセス
地下鉄御堂筋線「千里中央駅」または阪急「箕面駅」から、阪急バス「萱野三平前」下車(徒歩3分)。または阪急バス「かやの中央」で下車(徒歩10分)

主催:特定非営利活動法人 暮らしづくりネットワーク北芝
共催:株式会社ミライロ、1人親家庭支援NPOあっとすくーる
後援:箕面市、箕面市教育委員会、大阪府教育委員会(申請中)
posted by raipiseminar at 12:44| こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

11月18日(金)「こどもに伝える部落問題」



10月7日のセミナー第1弾、こどもに性をどう伝えるかをテーマにしたセミナーは、
約90名の方にご参加いただき、盛況の内に無事終えることができました。

企画スタッフも、いろいろ試行錯誤しながらの毎日です。
まだまだ至らないところなどたくさんありますが、
日々精進がんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
さて、引き続き、今年もセミナー企画は勢いよく進んでいきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ知っトコ!《らいとぴあ21連続セミナー企画》
〜何か気になる世間のトピック、集めてみました〜

 第2弾!『こどもに伝える部落問題!』

日時:11月18日(金) 18:30〜20:30
場所;らいとぴあ21 3F視聴覚室
参加費:無料
講師;星野勇悟さん(「部落問題学習ネタつくろう会」代表)
一時保育:あり:〆切は一週間前まで

部落チラシ表.bmp

部落チラシ裏.bmp

PDF⇒こどもに伝える部落問題チラシ.pdf


「部落って何?」「今も差別はあるの?」「部落やったら差別されるの?」

もし、身近なこどもにこう聞かれたら、保護者や教師として、周りの大人としてどう伝えたらいいの? 何を伝えるべきなの?

その子がもし当事者だったら、中途半端に伝えたら傷つけてしまう?
まだ小さいから、、、どこまで伝えたらいい? 理解できる?

よくあるこんな質問場面。
でも、思えばじっくり考えたこと、なかったかもしれない。

なんとかその場をしのいでいた、そこのあなた。
ま、その時のアドリブでなんとかなるさ。と思っている、そちらのあなた。

金曜の夜2時間だけ、一緒に考えてみませんか?「こどもに伝える部落問題」


・・・以下PR文・・・・

人権問題で大切なのはマニュアルを探すことではなく、当事者性をもって、自分ごとととらえながら、なおかつプラスのメッセージを伝えられることが重要。

「これだけは伝えたい!」
セミナーの終わりには、そんな気持ちが持てるような時間をと考えています。
講師には、教師でもあり、保護者としても子どもに部落問題伝えてきた、「部落問題学習のネタをつくろう会」代表の星野勇悟さんをお迎えします。
posted by raipiseminar at 11:43| セミナー企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

『セミナー企画タイアップ展示コーナー』

展示1.jpg

10月7日のセミナー企画『からだのこと、性のこと、(思春期の)こどもたちにどう伝える?!』のタイアップ展示企画がスタートしています。



セミナーに関するたくさんの書籍閲覧や、
関連資料のほか、
セミナーの講師の著書もご覧いただけます。
(Amazonサイトでも大好評!)

展示3.jpg

10月7日まで展示していますので、
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

展示2.jpg
posted by raipiseminar at 09:45| 展示コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

10月7日セミナー企画「性をこどもとどう話す?伝える?」

“これ知っトコ!”らいとぴあ21連続セミナー企画
 〜なんか気になる世間のトピック、集めてみました〜 
  《今年のテーマは“こども”!》

10月7日ちらし表.bmp

10月7日ちらし裏.bmp

ちらしPDF:10.7チラシ.pdf

第1回『からだのこと、性のこと、(思春期の)こどもたちにどう伝える?!』

「こどもに性のこと、からだのこと、どうやって伝えればいいんやろう??」
「性のこと聞かれた時、どうやって答えたらいいの?」
「どんな言葉を使ったらいいの?」
「こともたちはTVやインターネットで間違った情報を知ってるけど、どうやってそれを伝えたらいいの?」

学校の先生や、子どもを持つ親、仕事でこどもと接する機会のある大人たちは、少なからずそんな風に考えたことがあるのではないでしょうか。

保健室でこどもの様々な疑問に向き合ってきた、今回の講師すぎむらなおみさん。
こどもたちの身体と心の変化、身体に起きたトラブル、セックス、同性愛、援助交際、デートDV、性被害…生徒さんの素朴な疑問や、真剣な悩みと向き合ってこられました。

今回のセミナーは、すぎむらさんが子どもたちと一緒にたくさん悩んでたくさん揺れて見つけたことに触れ、どう伝えたらいいかのヒントを見つける時間になればと思っています。

■開催日時
2011年10月7日(金)
開場 18:00 講演 18:30 〜20:30

■場所 らいとぴあ21 3F視聴覚室 

■参加費 無料

■講師名 すぎむらなおみさん

■講師プロフィール
すぎむらなおみ。1965年生まれ。大阪教育大学教育学部卒業後、高等学校で養護教諭として勤務。著書に保健室で起こるこどもたちとの様々なやりとりから生まれた『エッチのまわりにあるもの(保健室の社会学)』(2011年解放出版社)がある。

【必見です↓】
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E2%80%95%E4%BF%9D%E5%81%A5%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6%E2%80%95-%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%80%E3%82%89-%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%BF/dp/4759267395

■一時保育 あり(1週間まえまでに要申し込み)

■問い合わせ:らいとぴあ21(TEL:072−722−7400)
          
■主催:らいとぴあ21

■セミナーの今後の予定(詳細は随時らいとぴあブログなどにUP)
 http://raipiseminar.seesaa.net/

らいとぴあでは昨年から様々な社会課題をテーマにセミナーを企画してきましたが、今年気になるのは“こども”。
。経済的にも政治的にも混迷が続く日本。社会がしんどくなると、そのしわ寄せはこどもたちとその将来へ大きく影響します。こども達をめぐる状況はどのようになっているのか。今年の連続セミナーは、こどもに関する社会トピックを様々なテーマや角度から取り上げます。

  11月18日(金)夜『こどもに伝える部落問題』
  12月    テーマ:こどもの貧困
  3月     テーマ:家族って何? 〜一人親家庭のこどもたちによる本音トーク〜
  日時未定  テーマ:社会的養護〜児童養護施設で育った若者たちの声〜
  日時未定  テーマ:未来のこと:エネルギー問題を考えよう

  *日程や内容は変更する場合もあります。ご了承ください。
posted by raipiseminar at 15:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。